伊勢・志摩に消えた女

集英社文庫

西村京太郎

1990年4月1日

集英社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ひとり娘の女子大生・亜矢子が、伊勢・志摩に旅行に出たまま、帰ってこないー。元国務大臣で太陽薬品社長の平山から相談を受けた警視庁捜査一課の十津川警部は、元刑事だった橋本豊に捜索を依頼する。橋本は伊勢市内の旅館で、亜矢子が西尾あや子という偽名を使っていることをつきとめる。その夜、旅館のおかみと女子従業員が何者かに殺された。十津川警部の推理が冴える長編ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください