河童

集英社文庫

芥川龍之介

1992年9月30日

集英社

385円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

その患者23号の語る河童社会は醜悪な制度と奇怪な価値観に満ちていたー。精神を病んだ芥川が痛切な自虐で描い人間社会の戯曲「河童」。半透明な歯車の群れにおびやかされる不安幻想「歯車」。早熟な知性を持ち35歳で死を選んだ芥川の晩年の作品には不思議な美しさが漂っている。遺書「或旧友へ送る手記」を含め6編を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

8

読書中

0

既読

13

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください