存在の耐えられない軽さ

集英社文庫

ミラン・クンデラ / 千野栄一

1998年11月30日

集英社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇ー。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

33

未読

14

読書中

5

既読

37

未指定

66

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください