最悪の将軍

朝井 まかて

2016年9月26日

集英社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

赤穂浪士討ち入り、富士山噴火…。苦難を乗り越え、文治政治に情熱を傾けた将軍・徳川綱吉。犬公方とも呼ばれた男の、知られざる劇的な生涯を描いた傑作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

3

未読

3

読書中

2

既読

36

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

azukikaferate

綱吉の苦悩が伝わってくる

starstarstarstarstar 5.0 2023年09月18日

未だに生き物を売り買いする日本だけど。生きてるもの全てに憐れみを持って接する心を持った人沢山いるよ! 本書では語られてなかったけど、銃も綱吉さんのおかげ簡単に持てないようになってるよ! 富士山噴火して、私は悪いの将軍か?と聞いたセリフが堪らない。 その時の考えは実際どうだったか分からないけど。綱吉さんの時に事件や災害起こりすぎだよ。綱吉さんへの感謝の年が湧く一冊。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください