何もかも憂鬱な夜に

中村文則

2009年3月31日

集英社

1,320円(税込)

小説・エッセイ

なぜ控訴しない?-施設で育った過去を持つ「僕」は、刑務官として、夫婦を刺殺した二十歳の未決死刑囚・山井を担当していた。一週間後に迫った控訴期限を前にしても、山井はまだ語られていない何かを隠しているー。芥川賞作家が、重大犯罪と死刑制度に真摯に向き合い、生きる者と死にゆく者をつなぐ最後の希望を描き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.73

読みたい

8

未読

0

読書中

1

既読

32

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください