我が家のヒミツ

奥田英朗

2015年9月25日

集英社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

どうやら自分たち夫婦には子どもが出来そうにない(『虫歯とピアニスト』)。同期との昇進レースに敗れ、53歳にして気分は隠居である(『正雄の秋』)。16歳になったのを機に、初めて実の父親に会いにいく(『アンナの十二月』)。母が急逝。憔悴した父のため実家暮らしを再開するが(『手紙に乗せて』)。産休中なのに、隣の謎めいた夫婦が気になって仕方がない(『妊婦と隣人』)。妻が今度は市議会議員選挙に立候補すると言い出して(『妻と選挙』)。どこにでもいる普通の家族の、ささやかで愛おしい物語6編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.71

読みたい

12

未読

12

読書中

1

既読

98

未指定

39

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年01月11日

我が家シリーズ第3弾。 虫歯とピアニスト。歯の治療にやってきたスターの追っかけ。他人の空似でお願いします。 正雄の秋。出世レースに敗れたむなしさ。嫌なヤツにも人生があり、少し微笑ましい。 アンナの十二月。実の父はカッコいい演出家。優しい育ての父を大事にね、アンナ。 手紙に乗せて。伴侶を突然亡くした父。同じ境遇同士、よくわかる。手紙交換。おじさんの世界。 妊婦と隣人。隣の夫婦はやっぱり怪しい人たちでした。危険を教えてくれた赤ちゃん。 妻と選挙。今度の大塚家のイベントは選挙。人のためなら頑張れるものです。おめでとう。 奥田先生の奥さんって市会議員ですか?

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年06月27日

我が家シリーズ第3弾。 虫歯とピアニスト。歯の治療にやってきたスターの追っかけ。他人の空似でお願いします。 正雄の秋。出世レースに敗れたむなしさ。嫌なヤツにも人生があり、少し微笑ましい。 アンナの十二月。実の父はカッコいい演出家。優しい育ての父を大事にね、アンナ。 手紙に乗せて。伴侶を突然亡くした父。同じ境遇同士、よくわかる。手紙交換。おじさんの世界。 妊婦と隣人。隣の夫婦はやっぱり怪しい人たちでした。危険を教えてくれた赤ちゃん。 妻と選挙。今度の大塚家のイベントは選挙。人のためなら頑張れるものです。おめでとう。 奥田先生の奥さんって市会議員ですか?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください