光のない海

白石一文

2015年12月4日

集英社

1,925円(税込)

小説・エッセイ

社長、僕は一体いつまであの会社に縛られ続けるのですか?建材会社の社長・高梨修一郎は、取引先の紛飾決算による経営危機に翻弄され、事態の収拾を図ると共に引退を考えはじめる。彼の脳裏に浮かぶのは、怒涛のように過ぎ去った日々の記憶。先代の女社長と彼の間には、誰にも言えない愛憎関係があったー。個人と社会の狭間にある「孤独」を緻密に描き出す、傑作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar 3

読みたい

3

未読

11

読書中

2

既読

14

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください