終末のフール

伊坂幸太郎

2006年3月31日

集英社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(29

starstarstar
star
3.81

読みたい

11

未読

1

読書中

2

既読

205

未指定

129

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (4)

imnisme

(無題)

starstar
star
2.3 2020年08月01日

可もなく不可もなく。 伊坂幸太郎だから最後まで読めたものの物語上にて大きな起伏は生じないので後半は少々退屈。 生き抜いていこうといったようなメッセージ性強めの印象。 あとやっぱり伊坂幸太郎は登場人物のセリフ表現やや心理描写など色々とダサい

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年01月17日

読みやすい。 彗星衝突により人類滅亡までのカウントダウンの中で、いくつかの短篇が咬み合わさっているのが面白い。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年01月13日

天体のヨール~自殺で終わる

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください