春のソナタ

長編小説

三田誠広

1995年2月28日

集英社

1,601円(税込)

小説・エッセイ

遠山直樹、高校生のバイオリニスト。世界的ピアニスト、父・春樹との幼き日々の至福の共演ベートヴェン「春のソナタ」。そして再びの第4楽章。美貌のピアニスト・春苗が、奔流のように登場する。息子は父から、何を受け継ぐのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください