荒舞

花の小十郎始末

花家圭太郎

1999年5月31日

集英社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

デビュー作『暴れ影法師』にて皆様に御目見得いたしました戸沢小十郎。今般も江戸に出て参りました。いきなり辻斬りの現場にでくわし、またたくまに事件に巻込まれてしまいます。三つ葵の紋所、柳生の刺客、はたまた宮本武蔵の剛剣までがからみついて、八方塞がりの窮地に陥る小十郎。どんな手練手管で切り抜けることでしょう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください