十津川警部修善寺わが愛と死

長編トラベルミステリー

西村京太郎

2009年3月31日

集英社

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

十文字多恵子32歳が、自宅で絞殺された。老舗の六国デパートの元副社長秘書だった、というには分不相応の豪華なマンション暮らしに、十津川警部は不審を抱く。さらに、多恵子が『修善寺わが愛と死』という原稿を残していたことを知る。その小説は、鎌倉幕府三代の興亡にことよせて、六国デパートの内紛を描いていると思われた。六国デパートを探り始めると社長が次々と交代しており…。老舗デパートのお家騒動が巻き起こす、連続殺人の惨劇に挑む十津川警部の名推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください