桜の樹の下で 渡辺淳一 恋愛小説セレクション 6

渡辺 淳一

2016年9月5日

集英社

2,860円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

「桜の樹の下には屍体が埋められている」。この言葉が暗示するものとは?京都の料亭「たつむら」の娘涼子は、母菊乃の恋人と知りながら出版社社長の遊佐に惹かれていく。絢爛と咲き誇る桜花をモチーフに一人の男を巡る母と娘の愛と修羅を描く。京都を舞台にした渡辺文学円熟の代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください