H2〔小学館文庫〕(1)

コミック文庫(青年)

あだち 充

2009年5月15日

小学館

680円(税込)

漫画(コミック) / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.22

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

18

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

評価

starstarstarstar
star
4.3 2022年01月14日

点数4.3 怪我をして一時期野球を諦めたヒロが野球ができるようにぬり、弱小校から甲子園を目指す物語。 ヒロと英雄2人のヒーローと頭文字のHを取ってH2だが、ヒロインのひかりと春華の頭文字もHでヒロイン側もH2になっている。 あだち先生の数ある作品でも名作の一つだと思う。とにかく表現方法がオシャレで、最後もモヤモヤが少し残るがスッキリもする複雑な気持ちになる。 個人的には春華が一番我慢して報われて欲しいと思った。 また3年次の夏の準々決勝での木根が1人で投げ抜いて、勝ちを街のテレビ越しで見せた描写が漫画史に残る描写。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください