大江戸恐龍伝(第5巻)

夢枕獏

2014年1月29日

小学館

1,870円(税込)

小説・エッセイ

蓬莱山の噴火を背に、ニルヤカナヤから旅立った平賀源内。龍の見世物興行を成功させ、鉱山開発の再開をと目論む源内に、盗賊・火鼠が牙を剥く!龍遣いの樊と源内の恋人・お吟は、なぜ似ているのか?火鼠は何を企んで暗躍しているのか?その頭領の正体は?絡んだ謎が解けたとき、源内の運命が回り出す。源内と恐龍の時空を超えた旅も、いよいよ最終章へ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

34

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください