下町ロケット2 ガウディ計画

池井戸 潤

2015年11月5日

小学館

1,650円(税込)

小説・エッセイ

ロケットから人体へー佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(49

starstarstarstar
star
4.15

読みたい

32

未読

53

読書中

0

既読

356

未指定

265

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.1 2019年09月30日

下町ロケットの続編である。先ごろ読んだ「ゴースト」の前にこちらを読むのが順番からいえば、正しいのかもしれない。しかし、1話完結なので、相前後したからと言ってなんら不都合は無い。ガウディ計画とは、心臓の人工弁開発計画のことである。開発に携わった主要人物の1人が桜田さんだからこう名付けられた。こういうわけだ。サクラダ→サグラダファミリア→アントニオ・ガウディ。ダジャレっぽくてバカバカしいところがなんとも言えずに良い。 今回、大田区の町工場・佃製作所の佃航平の前に立ちはだかる敵役は、先ず第1に競合相手のサヤマ製作所・社長・椎名直之である。NASA出身の凄腕エンジニアにして、アメリカ流の経営者。人工心臓「コアハート」の開発に関連しては、アジア医科大学の心臓血管外科部長・貴船教授と共同開発メーカー・日本クラインの久坂と藤堂である。重要得意先帝国重工内部にあっても敵はいる。資材調達部長の石坂宗典である。さらにPMDA(医療機器を認可を審査する機関)では、審査役・滝川が貴船教授の意を受けて妨害に走る。彼らが憎らしく描かれれば、それだけ最後のどんでん返しにおける爽快感が増すというものだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください