希望荘

宮部 みゆき

2016年6月20日

小学館

1,925円(税込)

小説・エッセイ

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(33

starstarstar
star
3.87

読みたい

26

未読

13

読書中

4

既読

258

未指定

176

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

ところどころで、心がキュンとする

starstarstarstar 4.0 2017年04月24日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください