人面島

中山 七里

2022年3月18日

小学館

1,760円(税込)

小説・エッセイ

仁鍋島ー通称「人面島」。島には隠れキリシタンの財宝が眠っているという。村長であり大地主の鴇川行平が急死し、島の多くを占める土地が相続されることに。相続人兄弟は、島を統べる神社の宮司と、一大産業である漁業組合長をそれぞれバックに持っている。さらに二人には過去に因縁が。そんななか、長男の匠太郎が密室で不可解な死を遂げた。嵐のなか、電気も通信も断たれた絶海の孤島。犯人は、そして驚くべき真相とは!?三度の飯よりトラブルが好き!?毒舌“人面瘡”探偵×ポンコツ相続鑑定士、隠れキリシタンの島で密室殺人の謎に挑む!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstar
star
3.26

読みたい

12

未読

3

読書中

1

既読

30

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

前作に及ばす。

starstarstar
star
3.2 2022年06月26日

んー。 何というか、犯人がすぐ想像つくのが残念。 ストーリー的にも意外性があまりなく、えー?と驚かされた前作と比べると期待はずれでした。 この話は映像が向くと思う。 犯人探しではなく、人面疽とその宿主の三津木六兵やり取りを見てみたいし、「客観的にはどう見えていたか」も視覚的に見てみたいなと思います。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください