子どもの涙

ある在日朝鮮人の読書遍歴

小学館文庫

徐京植

1998年1月31日

小学館

544円(税込)

文庫

「徐兄弟事件」で知られる元韓国政治犯徐勝、俊植兄弟の末弟がふりかえる、本を唯一の友にした幼きころから青春時代にかけての「読書遍歴」。時に甘く、そして時に苦く…静かに語られるその言葉のひとつひとつは、確かな重みをもって迫ってくる。心にひびく在日朝鮮人の自己形成史。「日本エッセイスト・クラブ賞受賞」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください