人間失格/櫻桃/グッド・バイ

小学館文庫 新撰クラシックス

太宰治

2000年7月31日

小学館

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人間に対して真実の愛と信頼を求めようとする主人公・大庭葉蔵が人間社会を葬られ、廃人同様の日々を送るまでの過程を描いた自伝的小説「人間失格」は、太宰治の文学の総決算ともいうべき作品。この他、戦後を解放と捉える世相に背を向けた反時代性の色濃い「桜桃」、人生最後の作品となった「グッド・バイ」(未完)と、晩年の作3作品を収録。“新撰クラシックス”シリーズ、第七作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください