童話集

小学館文庫 新撰クラシックス

竹久夢二

2004年8月1日

小学館

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

センチメンタルな画風の「夢二式美人」、恋の唄「宵待草」の作詞などで知られる、漂泊の画家・竹久夢二。そんな彼が、じつは子供向けに数多くのイラストや童謡、童話を創作していたことはあまり知られていない。本書は、夢二が我が子に向けて書いた童話全十九篇を収載した、夢二唯一の童話集。美と憧憬に生きた夢二の、少年のように純粋な気持ちと、幼き者を愛し、慈しむこころに満ちた、大正ロマンの香り溢れる一冊です。初版本掲載の、自身による可愛らしい挿し絵も全点収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください