アメリカ「超帝国主義」の正体

小学館文庫

田中宇

2003年6月1日

小学館

565円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

2001年9月11日の同時多発テロから、「テロとの戦争」という旗を掲げて、アフガニスタン、イラクへと戦いを拡大していく世界最強の軍事大国アメリカ-。アメリカをこうした戦争に駆り立てる裏の事情とは何なのか?9・11事件の深まる謎、国連を無視してまでイラク侵攻に突入せざるを得なかった理由、そして、アメリカの「イラク戦争」の次の狙いは?気鋭のジャーナリストが世界のメディアが報じたニュースを読み解き“ブッシュ・アメリカ”の暗部を大胆に焙り出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください