タンタンの事件ファイル 3 馬車道「斉藤さん」殺人事件

小学館文庫

鯨 統一郎

2014年7月8日

小学館

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

たんぽぽ探偵事務所(略してタンタン)の翔太とマリンは、横浜・馬場道で亡くなった女性の第一発見者となる。女性は全裸だったため、身元が判明しなかった。その女性と直前に会っていた娘々(にゃんにゃん)好子から事件の解決を依頼され、調査を開始する。好子の証言から、被害者の名前がサイトウさんらしきことが判明。また、サイトウさんと親しい男が暴力団でクスリを扱っていたことがわかるが、その男・西東(さいとう)が死体で発見される。事件の背後には薬物があるのか。翔太とマリンがなぜか見事に事件を解決する、書き下ろしユーモアミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

9

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください