特異家出人

警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦

小学館文庫

笹本稜平

2014年9月5日

小学館

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東京都葛飾区在住の資産家老人・有村礼次郎が突然失踪した。質素で孤独な生活を送る老人と唯一交流のあった少女・奈々美の訴えで臨場した警視庁捜査一課特殊犯捜査係の堂園晶彦は、有村邸の玄関から血痕を発見する。同時に預金通帳や有価証券、時価二億円の根付コレクションが消えていた。有村老人は元暴力団員・中俣勇夫に金目当てで拉致された可能性が高い。中俣の潜伏先である鹿児島に飛んだ堂園は、自身の祖父と有村が鹿児島第一中学の同級生だったことを知る。二人はある事件がもとで故郷を追われていた。時代を超えた宿縁をめぐる、慟哭のミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

200

未読

4

読書中

0

既読

35

未指定

18

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

笹本稜平「特異家出人」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください