郷愁という名の密室

小学館文庫

牧 薩次

2014年12月5日

小学館

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

矢住鼎は誤って老女を殺め、絶望して雪山で自殺を図った。だが、彼が目覚めたのは秋たけなわの古い温泉宿の一室だった!目の前にいたのは高校時代の後輩・風早雫、しかも彼女は少女のままの姿なのだ。異常な背景の中で宿泊客の男女が刺殺され、つづいて若い女性の死体が完璧な密室状態の部屋で発見される。鼎の幼少時の記憶の謎、風呂に浮かぶ死体の移動、凶器の刃物の消失ーそして密室はいかにして構築されたのか。奇妙なこの世界で、鼎と雫の前に殺人者の黒い影が迫る。そして、深夜0時54分。その時、あらゆる知覚が暗転した。驚くべき長篇変格ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください