エッフェル塔くらい大きな雲を呑んでしまった少女

ロマン・プエルトラス / 吉田 恒雄

2015年6月5日

小学館

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天然アフロヘアの航空管制官は、理髪店の椅子に座り、理髪師の老人にある魅力的な女性郵便配達員について語りはじめた。アイスランドの火山噴火の影響でヨーロッパの空港のほとんどが閉鎖されていた日に、その配達員は彼が勤務するパリ=オルリー空港の航空管制塔を訪れ、離陸許可を求めてきたという。しかも、飛行機での飛行ではなくメリー・ポピンズさながら彼女自身の飛行許可を。彼女はモロッコの病院に入院している、死の病と闘う娘にその日のうちに会いに行かなければならない理由があった。ベストセラー作家プエルトラスが贈る、笑いと涙を誘う仏発ハートウォーミング・ノベル!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください