でんでら国(上)

平谷 美樹

2017年6月6日

小学館

671円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

時は幕末、陸奥国八戸藩と南部藩に挟まれた小さな国・外館藩西根通大平村。大平村には、六十歳になると村での役割を全て解かれ、御山参りをする習わしがあった。それは食い扶持を減らすための姥捨ての旅とも囁かれていた…。そんな大平村は、どんな厳しい飢饉の年も、きちんと年貢米を納めている。代官所は、そこに目を付け、食い扶持を減らすだけでなく、もしや「隠田」を開墾しているのではないかと疑い始める。隠田を持つことは死罪にあたる。真実を悟られまいとする農民と、それを暴こうとする代官の知恵比べが始まる。痛快!幕末老人エンターテインメント。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

198

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

6

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

平谷美樹「でんでら国」

--
0
2019年12月23日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください