追憶

青島 武

2017年3月7日

小学館

550円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

二〇〇六年三月、王貞治監督率いる日本代表は、第一回ワールド・ベースボール・クラシックで世界の強豪と激戦を演じていた。同じ頃、北海道警察本部刑事部捜査一課の四方篤は、すすきののラーメン店で、野球仲間だった川端悟と二十九年ぶりの再会を果たす。川崎市在住の川端は、金策のため北海道にやって来たという。その翌々日、小樽市郊外の臨海部で川端悟の刺殺死体が発見された。彼は死の前日、娘との電話で「懐かしい人たちに会った」と言い残していた。四方は、容疑者として浮上した人物もまた、古い友人であることを知るー。超大型映画「追憶」原作小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

6

未読

6

読書中

1

既読

80

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

子供時代の描写が辛い

starstarstar
star
3.5 2017年06月27日

3人の子供たち。最終的に人を殺してしまった一人が 結婚する相手が、服役中に産んだ子供ということ 結末はなんだっけ?と忘れてしまったよ

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください