陰陽師と綺羅のあやかし

中村 ふみ / 睦月 ムンク

2020年2月6日

小学館

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ときは平安。陰陽師見習いの大江春実は、式神を得ようとして大物あやかしの雪羽を召喚してしまう。そこで返り討ちに遭った春実は、雪羽に“気”を吸われ、食料扱いされるという奇妙な共生関係に。しばらくは雪羽は春実の前から姿を消していた。が、ふたりは思いがけない形で再会する。宮廷に仕える女房の死体発見現場にいたのが貴公子姿の雪羽だったのだ。時を同じくして、京の上空には赤い凶星がまたたくようになる。一連の事件と雪羽が無関係と思えない春実は、彼に話をきく。すると謎に包まれた雪羽の過去が次第に明らかになって…。シリーズ第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

4

未読

2

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください