蟲愛づる姫君 虜囚の王妃は夜をしのぶ

宮野美嘉 / 碧 風羽

2021年9月7日

小学館

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

魁の国王・楊鍠牙と結婚し男女の双子の母となった李玲琳は、毒蟲を愛する変人姫。ある日、玲琳の故郷・斎から使者が訪れ、飛国との同盟締結会談の場に玲琳も立ち会うよう求める。ちなみに飛の王子・榮覇は、かつて玲琳に熱烈アプローチを仕掛けてきた因縁深い人物だ。斎の女帝にして最愛の姉である彩蘭の頼みということもあり、玲琳は即座に役目を引き受ける。が、事前調査で榮覇のもとへ送った蠱は、何者かの手で無残にも引き裂かれてしまった。この異常事態から同盟締結劇の裏にある不穏な動きを察しつつも、鍠牙とともに飛国へと旅立つ玲琳だが…!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください