千里眼とニュアージュ(下)

小学館文庫

松岡圭祐

2005年12月31日

小学館

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

突然、江戸幕末の宿場町に連れてこられた一ノ瀬恵梨香。謎多きその町でメフィスト・コンサルティング特別顧問のダビデと出くわすが。一方でIT産業の帝王に君臨する陣場輝義社長は、秘密裏に埋蔵金発掘プロジェクトを推し進めていた。日本経済の根幹をも揺るがしかねない巨額の埋蔵金をめぐり、激しい利権争いが展開されていく。恵梨香の身が危ないー。地下二〇〇メートル。埋蔵金の在り処と古文書に記されていたその地の果てに、岬美由紀が見た恐るべき真実とは?エンターテインメントの頂点を極めた千里眼シリーズが、原点に回帰するー著者初の文庫書き下ろし最高傑作下巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

1

未読

5

読書中

1

既読

21

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください