七人の役小角〔小学館文庫〕

夢枕 獏

2007年10月31日

小学館

618円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

役小角は、修験道の祖と言われ、飛鳥時代に実在した人物で、宙を飛び、術を使い、前鬼・後鬼を従えていたなど、数多くの驚くべきエピソードを残している。本書は、日本史上、最大級の超人である役小角についての、アンソロジーである。黒岩重吾、司馬遼太郎、藤巻一保、永井豪、六道慧、志村有弘、坪内逍遙というユニークで豪華な執筆陣。そして、それぞれが小説、漫画、論考と多彩な手法で、小角像に迫っている。今回の文庫化に際し、役小角についての長編小説を執筆中の監修者による、「膨らんでいく伝説」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください