小説隠し砦の三悪人

小学館文庫

松尾清貴

2008年4月30日

小学館

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

秋月の城が落ちてまもなく、金掘の武蔵と樵の新八は黄金の延べ棒を見つける。金には秋月家の紋が刻印されていた。隠し砦に籠もり、秋月の雪姫を守る侍・六郎太にふたりは捕らえられるが、武蔵は敵陣を抜けて金を持ち出す策を苦し紛れに口にする。一方、秋月の山狩りを指揮する山名家の侍・鷹山は、隠された黄金と雪姫の命を狙っていた。覇者が領地を奪い、敗者が下克上のチャンスを虎視眈々と窺う戦乱の世、身分の異なる三人の若者が、絶体絶命の敵中突破に挑む。黒澤明監督による娯楽映画の原点を、堂々小説化した冒険エンターテインメント。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください