ねえさんの浴衣

なぎさの媚薬4

小学館文庫

重松清

2008年6月11日

小学館

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

あの夜、ねえさんを妊娠させることができたならー。渋谷の街に現われる伝説の娼婦・なぎさと出会った男たちは、青春時代に戻り、思い出の女性に再会するという。江戸時代から続く造り酒屋の次男・圭は四十一歳。圭が十八歳で家を出て上京したのは、兄・秀夫の嫁で、子宝に恵まれなかった義姉・文恵の自殺がきっかけだった。その前年の夏、圭は文恵に導かれながら、結ばれる前に果ててしまっていた…。「ねえさん」の死の真相を知った圭は、なぎさと出会い、交わるーあの夏の夜に戻るために。切なく疼く、傑作官能小説シリーズ第四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください