霧の中のエリカ

なぎさの媚薬5

小学館文庫

重松清

2008年8月11日

小学館

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

わたしね、殺されちゃうかもしれないんだよねー。クリスマスイヴの夜、エリカは確かにそう言った。その二カ月後、高校一年生の邦彦は、想いを寄せていた幼なじみの彼女の死を知る。いつもはにかむように微笑んでいたエリカ。中学で人が変わったようにすさんでいったエリカ。そして殺された後まで凌辱されたエリカ…。邦彦は“過去に戻れる媚薬”を求めて夜の渋谷で伝説の娼婦・なぎさと出会う。再会したエリカは、男たちの妄想と欲望にされされながら、なおも邦彦を信じてくれたー。男と女の哀しい性を描く傑作官能小説シリーズ第五弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください