天使の階段

なぎさの媚薬6

小学館文庫

重松清

2008年10月12日

小学館

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

出会わなければよかったんだ、俺となんかー。「五年生存率、二〇パーセント」。肺ガンの告知を受けた二十五歳の吉田宏は、看護師で婚約者の真知子との未来を断ち切られた。入院を間近に控えて酔った宏は、渋谷の街で“過去に戻れる媚薬”を持つ伝説の娼婦・なぎさに会う。真知子と別れるため、彼女と出会った病院へと戻る宏。そこには、現実の過去に存在しなかった妖艶なナース・翠がいて、入院中の男たちを次々に誘惑していた。そんな翠と競うように、真知子の「おんな」が花開いていく…。ひとの死を通して、幸せとは何かを描くシリーズ第六弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください