小説 カノジョは嘘を愛しすぎてる

豊田 美加 / 青木 琴美

2013年11月20日

小学館

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「付き合い始めたあの頃、僕はこれっぽっちも君のことが好きじゃなかった。全部嘘だった」天才サウンドクリエーターの小笠原秋は、人気バンド「CRUDE PLAY」の元メンバー。青果店を営む家で育った小枝理子は、クリプレの大ファンの、歌うことが好きな女子高生。ビジネスとしての音楽につまらなさを感じていた秋は、気まぐれに理子に声をかけ、自分の正体を隠したまま付き合い始める。しかし、理子がクリプレのプロデューサーにスカウトされ、デビューすることに。“嘘”から始まった、秋と理子のせつない恋の行方はー!?累計四百五十万部突破同名コミックの映画版ノベライズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.53

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

37

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

キノコ!!!(笑)

starstarstarstarstar 5.0 2021年02月07日

意外と短い本でしたが、内容が濃かったです!!!感動というか、速く戻ってきて~!と言いたくなってしまいますね。(笑)最後の方は、えっ、これで終わり、、?と思ってしまいましたが、とても面白かったです!!!(≧◇≦)

全部を表示

亜夢。

キノコ!!!(笑)

starstarstarstarstar 5.0 2020年08月31日

意外と短い本でしたが、内容が濃かったです!!!感動というか、速く戻ってきて~!と言いたくなってしまいますね。(笑)最後の方は、えっ、これで終わり、、?と思ってしまいましたが、とても面白かったです!!!(≧◇≦)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください