阪神ファンと仏のこころ

小学館文庫

ひろさちや

2002年8月1日

小学館

544円(税込)

人文・思想・社会 / ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

過去を追うなかれ、未来を求めるなかれ、ただ今日の阪神を楽しむべし-仏教研究家であり、長年の阪神ファンでもある著者が、仏の教えをふまえつつ、日本人の無明を照らし、星野タイガースにエールを贈る。勝つことのみを至上命題とする巨人野球は「オモテ文化」であり、それに対するのが阪神に代表される「ウラ文化」。見よ!競争にとらわれて楽しむことを忘れた日本人よ、負けてなお阪神をこよなく愛するファンの気高さを。釈尊さえも味方につけた快進撃が日本の現状に風穴をあける!タイガースを通して語られる痛快無比の日本人論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください