少年昭和奇譚

秀麗学院高校物語22

パレット文庫

七海花音

2004年6月30日

小学館

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東京の名門校、秀麗学院高校三年の不破涼は、天涯孤独の身の上だ。その涼が、近所のお屋敷町に住む少年を、家庭教師するようになった。彼の家は、昭和初期に建てられた、優雅でレトロな煉瓦造りの大豪邸。正門をくぐった向こうは、まさにイギリスを思わせる美しさであった。涼は、その家に通ううち、屋敷と現実の世界の間に、ある種の時間的な隔たりが生じていることに気づく。一歩踏み入れた邸内は、いつだって懐かしく、優しくー古き良き昭和の想い出でいっぱいだった…。しかし、ある夜、閉ざされた大門の向こうで、涼が目にしたものは、信じられないほど荒廃しきった、まるでー幽霊屋敷のような姿だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください