花色の戯れ

パレット文庫

深山くのえ

2005年6月1日

小学館

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ここは兎の国の華やかな都。15歳の徐瑛春は、天涯孤独な少年で、仲間と貧民街に住み、スリで生計を立てていた。ある日、瑛春は財布を盗もうとして転び、起きあがると…。財布の持ち主で帝の血筋の青年貴族・崔景達が、瑛春の服についた泥を払い始めた。そして、驚く瑛春に「愛人になって欲しい」と突然の求婚をするが…?!景達の笑顔に少し見とれながらも困惑する瑛春だが、スリの頭目・義鳴の命令で、金品を盗むため屋敷に奉公に行くことに。愛人にと望まれた屋敷での奉公に戸惑う瑛春。そんな瑛春を優しく扱い、口説いては失敗する景達。そんな二人の甘く可愛いラブストーリーの裏で、都を揺るがす事件が計画されていて。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください