七歳美郁と虚構の王(1999)

ガガガ文庫

陸凡鳥

2009年9月30日

小学館

660円(税込)

ライトノベル

1999年末、多くの犠牲者を出した“拡大人的破壊”。それを企てたのは、ひとりの天才、九重白雪だった。なぜ彼女は、かくも悲惨な事件を引き起こしたのか?彼女の目的とは何だったのか?隠されてきた真相が、いま、白日の下に晒される。親友・七歳美日月とのつながり。謎の青年・階絶無との関係を通し、次第に明らかになっていく世界の秘密。結末へ向け、物語は加速する。『七歳美郁と虚構の王』シリーズを裏側から描く過去編にして、正統本編。すべての答えは、切なる願いとともにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください