人類は衰退しました(1)

ガガガ文庫

田中 ロミオ / 戸部 淑

2011年11月18日

小学館

628円(税込)

ライトノベル

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は“妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の“調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが…。田中ロミオ、新境地に挑む作家デビュー作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

3

読書中

1

既読

13

未指定

27

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

田中ロミオ「人類は衰退しました」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください