下ネタという概念が存在しない退屈な世界(3)

ガガガ文庫

赤城 大空 / 霜月 えいと

2013年4月18日

小学館

649円(税込)

ライトノベル

「どうして白いカラスや白いヘビみたいに、白いパンツは神聖視されないのかしらね」「…やめろ」時岡学園に入学し、ペロリストになって初めての夏休み。狸吉たち“SOX”一同は、綾女に連れられて朱門温泉にやってきていた。朱門温泉といえば、第一清麗指定都市が誇る超有名な温泉街。高級旅館で女将をやっている撫子は綾女の後見人らしく、狸吉たちも呑気に二泊三日の旅を満喫するつもりでいたのだが…。特訓と称した強制露出&裸のオツキアイが始まる!?未曾有のYトークコメディ3発目。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

3

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください