ジャナ研の憂鬱な事件簿(3)

ガガガ文庫

酒井田 寛太郎 / 白身魚

2018年3月20日

小学館

631円(税込)

ライトノベル

海新高校ジャーナリズム研究会の啓介と真冬。一緒に過ごしていくうちに少しずつだが変化していく自らの気持ちに気づきはじめ、お互いを意識するようになる。そんな中、真冬の曾祖父にあたる宗次郎が残した「メロスを燃やしてくれ」という謎のメッセージから、「自画像・メロス」という奇妙な絵画に秘められた謎を解き明かそうとする啓介と真冬は、とあるアクシデントにより箱根の旅館へ二人きりで泊まるハメになってしまうのだが…。ほろ苦い日常系ミステリー、「自画像・メロス」など三つの短編を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください