元将軍のアンデッドナイト(4)

ガガガブックス

猫子 / 晩杯 あきら

2019年12月19日

小学館

1,320円(税込)

小説・エッセイ

八賢人の一人「真理の紡ぎ手」を退けたランベールは、以前から存在を訝しく思っていたハインス教の聖都ハインスティアへと向かっていた。その目的はハインス教が真の正義の下で力を行使しているのかを「見定める」ため。一方で「笛吹き悪魔」たちもまた、聖都に集結しているのであった。ハインス教、「笛吹き悪魔」、ランベール。3つの強大な力が、この聖都で衝突する。そしてその闘いの先に、ランベールは200年前の統一戦争時代から続く、否、己がアンデッドになった時から続く因縁そのものの残滓に出会うのであったー。最強のアンデッドナイトが繰り広げる、再英雄譚。乱戦の第四弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください