新史論/書き替えられた古代史 6 呪われた平安京と天皇家の謎

小学館新書

関 裕二

2016年12月1日

小学館

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

眉を剃った貴族たちが和歌の出来映えを競う…そんな優雅な印象とは裏腹に、平安時代は憎しみ、裏切り、祟りが渦巻いていた。権力を我が物にするためには皇族さえも葬り、日本を私物化する藤原氏と、保身のためにすり寄る人々。私利私欲にまみれた貴族にあきれ果て、自らの力に目覚めていく源氏と平氏。そんな魑魅魍魎が跋扈する都で天皇家が繰り出した、復活のための“切り札”とは?古代史の真実を解き明かす壮大なシリーズ、ついに完結!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください