村上春樹、河合隼雄に会いにいく

新潮文庫 新潮文庫

村上 春樹

1999年1月31日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ

村上春樹が語るアメリカ体験や’60年代学生紛争、オウム事件と阪神大震災の衝撃を、河合隼雄は深く受けとめ、箱庭療法の奥深さや、一人一人が独自の「物語」を生きることの重要さを訴える。「個人は日本歴史といかに結びつくか」から「結婚生活の勘どころ」まで、現場の最先端からの思索はやがて、疲弊した日本社会こそ、いまポジティブな転換点にあることを浮き彫りにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.64

読みたい

4

未読

11

読書中

2

既読

53

未指定

50

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください