1Q84 BOOK3〈10月ー12月〉後編

新潮文庫 新潮文庫

村上 春樹

2012年6月30日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

その誰かは、そこにあるものが本当にあることを確認するために、彼の幅広い手をいっそう強く握りしめた。長く滑らかな指、そして強い芯を持っている。青豆、と天吾は思った。しかし声には出さなかった。彼はその手を記憶していた。-青豆と天吾、二人は「物語」の深い森を抜けてめぐり逢い、その手を結び合わせることができるのか。ひとつきりの月が浮かぶ夜空に向かって…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(35

starstarstar
star
3.88

読みたい

21

未読

58

読書中

1

既読

450

未指定

419

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.7 2019年10月01日

終わりが納得できない

全部を表示

黄色のモフモフ

なぜ爆発的に売れたのか

-- 2020年02月06日

(BOOK3前編からの続き)村上春樹にとって本書の執筆は、「総合小説」たるべく多くの読者を獲得するための企てであったのではないか。よく売れなければ「総合小説」にならない、というわけではない。しかし時を超えて「総合小説」という評価を確固たるものにするためには、どの時代においても多くの読者を獲得することが必要である。 村上春樹は批評は気にしないかわりに読者の反応は意外と繊細に気にしているきらいがある。それは読者が嫌がるものをあえて書かないという消極的なものではなく、どう書いたら読者がどう反応したかを積極的に知ることに手応えを感じている様子がある(解題やインタビュー集からそれがうかがえる)。本書は多くの読者の好意的な反応を意図したのだろう。そしてそれは現実のものとなった。さすが、とうなるしかない。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2018年12月09日

上手い 一気に10日間くらいで文庫本6冊読み終えた。でも 何処にも行かない。Book4で1984年に戻った後の物語がないと。 追記 2016年1月1日 雑誌 考える人2010年秋号のロングインタビューを読んで、文体に磨きをかけていた回答がこの1Q84であること。19世紀的な完全な物語を志向してきた ソフィスティケートされた文体の最終形であるスプートニクの恋人以降の試行錯誤に対する回答であることが分かった。 作家には、文体と内容とストラクチャーが必要であるとの分析は、説得力がある。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください