職業としての小説家

新潮文庫

村上 春樹

2016年9月28日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ

「村上春樹」は小説家としてどう歩んで来たかー作家デビューから現在までの軌跡、長編小説の書き方や文章を書き続ける姿勢などを、著者自身が豊富な具体例とエピソードを交えて語り尽くす。文学賞についてオリジナリティーとは何か、学校について、海外で翻訳されること、河合隼雄氏との出会い…読者の心の壁に新しい窓を開け、新鮮な空気を吹き込んできた作家の稀有な一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.13

読みたい

15

未読

23

読書中

11

既読

84

未指定

110

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください