忍びたちの本能寺

新潮文庫

近衛 龍春

2020年7月29日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本能寺の変の真相を探れー。特命をうけた甲賀忍びの伊兵衛は、美貌のくノ一於夕や千蔵らと探索を開始した。他の忍びの妨害をかわし疑わしい人物を洗っていく。近衛前久、勧修寺晴豊、神主の吉田兼和、御所、そして伴天連の筋。愛宕山の連歌の謎や奇妙な日記が意味することは何か。京都と丹後宮津、浜松をつなぐ点と線、非情なる密約の構図とは。歴史の闇に大胆に挑み新説を提示する傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

13

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

だいこん

時代小説に刑事小説要素

star
0.9 2021年02月16日

時代小説に刑事小説の要素が取り込まれていて斬新でしたが、話の展開が遅く最後まで読むのが苦痛でした。最後は予想通りの展開でした。 本能寺の変の謎解きなら、加藤廣 信長の棺、秀吉の枷、左馬之助の恋 3部作が面白いと思いました。こっちを先に読んだせいで評価が低くなったのかもしれません。

全部を表示

まとめかたはさすが。戦国時代の現実が味わえる。

starstarstar
star
3.6 2020年08月06日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください