都おどり殺人事件

新潮文庫

山村美紗

1988年1月1日

新潮社

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

京都の春を彩る“都おどり”の舞台の上で、一人の舞妓が謎の死をとげた。彼女が握っていた秘密とは?可憐な舞妓・小菊と高名な画家・沢木の名コンビが、アリバイ崩しと密室の謎に挑んだ表題作の他、舞妓だけを次々に狙う連続通り魔の正体を暴く「舞妓殺人事件」など、トリック・ミステリーの名手が、華やかな祇園の裏に潜む欲望と殺意を、鮮やかに描き出した連作本格推理全5編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください